ケイラク教室

在宅超電療法 教習処
ストレス学説とツボ解消法処方図
 空前の効果いずれも世界初発見、心機能活性2大ツボの組合せ刺激と手足第四指先ツボ、秒速20脈波の快適刺戟効果一度で実感、副作用ゼロ、図版で習得、電話でも可です。
体験教習 予約料金
 ご予約  午前  午后
火水木金土 10時~ 14時~
 月日祝  定休日
 なぜ「世界初」と言うのか⇒  世界初あらゆる種類のガンに効く薬発明…国立循環器病研究センタ
ストレス学説と その解消法
簡便・速効の  指先・井穴超電療法  
自律神経を調整し万病を防ぐ 
免疫を高めればガンも勝手に消退します

はじめに
主因は
 
 病名別ツボ処方もくじ
ウイキぺディア(フリー百科事典)以下はハンス・セリエ - Wikipedia  より転載。
ストレスとは、生物学的には何らかの刺激によって生体に生じた歪みの状態を意味している。元々は材料力学上の言葉で例えばスプリングを引き伸ばしたり、ゴム球を押し縮めたりした時にその物質の内部に生じた応力の事を言う。
ハンス・セリエはこの非特異的生体反応を系統的な一連の反応として捕らえストレス学説(ストレス理論)を提唱した。この学説ではこのようなストレス状態は主として
内分泌系、特に脳下垂体、副腎皮質系が主役を演ずるものとしある種の心臓血管系、腎臓、関節等の疾患の原因は、この反応に深い関係を有しているとした。
   <略歴>ハンス・セリエ 1907年オーストリア生れ、1982年カナダで死去。
1931年にロックフェラー財団の奨学金を得てジョン・ホプキンス大学へ移った。さらにモントリオールのマックギル大学に移り、ストレス問題の研究を開始した。モントリオールのマックギル大学に移り、ストレス問題の研究を開始した。1945年にはモントリオール大学実験医学研究所において、40人の助手とともに15000匹の実験動物を用いた研究を開始する。実験医学及び外科の教授、施設長を兼務する。彼は、1700にのぼる研究報告と15の学術論文および7冊の本の出版を行った。
ストレスの4大原因(澤:編集加筆:青文字)
  ストレッサー(ストレス要因)…「ストレスを引き起こす外部環境からの刺激」

物理的ストレッサー:寒冷、暑熱、風雨、乾湿、騒音、放射線、紫外線など
化学的
ストレッサー:酵素、薬物、化学物質、
生物的ストレッサー:炎症、感染、カビ、外傷、外科治療
心理的
ストレッサー:怒り、緊張、不安、喪失、恐怖

学説の基本は、ストレッサーに暴された生体の見せる有害性に適応しようとする生化学的反応である適応症候群の理論にある。適応症候群は、脳の視床下部や副腎皮質などのホルモン分泌や自律神経系の神経伝達活動により起こる反応で、これによりホメオスタシス(恒常性保持機構=脳幹に在る、=自然治癒力・免疫力→自律神経)を維持することができるとされる。汎適応症候群(GAS:General Adaptation Syndrome)と局所的適応症候群に分けられる。
セリエは、全身適応症候群として3つの時期に分けた
  • 警告反応期:ストレッサーに対する警報を発し、ストレスに耐えるための内部環境を急速に準備する緊急反応をする時期である。警告反応期は、ショック相と反ショック相に分けられる。ショック相では、ストレッサーのショックを受けている時期であり、自律神経のバランスが崩れて、筋弛緩・血圧低下・体温低下・血液濃度の上昇・副腎皮質の縮小などの現象が見られ外部環境への適応ができていない状態と言える。一方、反ショック相ではストレス適応反応が本格的に発動される時期で、視床下部、下垂体、副腎皮質から分泌されるホルモンの働きにより、苦痛・不安・緊張の緩和、神経伝達活動の活性化、血圧・体温の上昇、筋緊張促進、血糖値の上昇・副腎皮質の肥大・胸腺リンパ節の萎縮といった現象が見られる。
  • 抵抗期:生体の自己防御機制としてのストレッサーへの適応反応が完成した時期で持続的なストレッサーとストレス耐性が拮抗している安定した時期である。しかし、この状態を維持するためにはエネルギーが必要であり、エネルギーを消費しすぎて枯渇すると次の疲憊期に突入する。しかし、疲憊期に入る前にストレッサーが弱まるか消えれば、生体は元へ戻り健康を取り戻す。
  • 疲憊期ヒハイキ:長期間にわたって継続するストレッサーに生体が対抗できなくなり、段階的にストレッサーに対する抵抗力(ストレス耐性)が衰えてくる。疲憊期の初期には、心拍・血圧・血糖値・体温が低下する。さらに疲弊状態が長期にわたって継続し、ストレッサーが弱まることがなければ、生体はさらに衰弱してくる。

ハンス・セリエは、副腎を摘出したマウスは、こういった3つの反応は起こらず、副腎皮質から出るステロイドホルモンが重要な働きを示していることを証明した。

ハンス・セリエはこの非特異的生体反応を系統的な一連の反応として捕らえストレス学説(ストレス理論)を提唱した。この学説ではこのようなストレス状態は主として内分泌系、特に脳下垂体、副腎皮質系が主役を演ずるものとしある種の心臓血管系、腎臓、関節等の疾患の原因は、この反応に深い関係を有しているとした。 
ストレスの原因はストレッサーと呼ばれその外的刺激の種類から物理的ストレッサー(寒冷、騒音、放射線など)、化学的ストレッサー(酸素、薬物など)、生物的ストレッサー(炎症、感染)、心理的ストレッサー(怒り、不安など)に分類される。ストレッサーが作用した際、生体は刺激の種類に応じた特異的反応と刺激の種類とは無関係な一連の非特異的生体反応(ストレス反応)を引き起こす。 
ストレス反応 [編集]

ストレス反応とはホメオスタシス(恒常性)によって一定に保たれている生体の諸バランスが崩れた状態(ストレス状態)から回復する際に生じる反応をいう。ストレスには生体的に有益である快ストレスと不利益である不快ストレスの2種類がある。これらのストレスが適度な量だけ存在しなければ本来的に有する適応性が失われてしまうために適切なストレスが必要である。しかし過剰なストレスによってバランスが失われてしまう場合があるため、様々なストレス反応が生じる。しかしストレスがある一定の限界を超えてしまうと、そのせいで身体や心に摩耗が生じる。この摩耗の事をアロスタティック負荷と呼ぶ。

緊急反応 [編集]

ウォルター・B・キャノンは1929年に外敵に襲われるような緊急事態において生理的・心理的な反応を観察した。その研究から交感神経系によって副賢髄質から分泌されるアドレナリンの効果と一致して心拍数増加、心拍出量増加、筋肉血管拡張、呼吸数増加、気管支拡張、筋収縮力増大、血糖値増加などの緊急事態に有効なストレス反応が生じることが分かった。具体的に緊急事態において採られるべき闘争、逃走のどちらにも有効な反応である。

一般適応症候群 [編集]

一般適応症候群(全身的適応症候群、汎適応症候群)とは下垂体から副賢皮質ホルモン系への反応が生じるというストレス反応についての代表的な考え方である。まずストレッサーの刺激が視床下部、下垂体に伝達し前葉副賢皮質刺激ホルモンが分泌され活性化した身体にエネルギーが供給されるように働き警告反応期(ショック相、反ショック相)、抵抗期、症憊期と段階的に発展する。

ストレス障害 [編集]

急性ストレス障害(Acute Stress Disorder, ASD)とはトラウマの体験後4週間以内に見られる急性な高血圧、消化器系の炎症、乖離症状、フラッシュバック、感情鈍磨などの特異的な症状が見られるものを言う。心的外傷後ストレス障害(PTSD)とはトラウマ体験後に生じるフラッシュバック、過覚醒症状、感情鈍磨などの特定的な症状が継続するものである。(心的外傷後ストレス障害を参照)

コルチゾールとの関わり [編集]

コルチゾール(cortisol) は副腎皮質ホルモンである糖質コルチコイドの一種であり、ヒドロコルチゾン(hydrocotisone)とも呼ばれる。炭水化物、脂肪、およびタンパク代謝を制御し、生体にとって必須のホルモンである。3種の糖質コルチコイドの中で最も生体内量が多く、糖質コルチコイド活性の約95%はこれによる。ストレスによっても発散される。分泌される量によっては、血圧や血糖レベルを高め、免疫機能の低下や不妊をもたらす。また、このホルモンは、過剰なストレスにより多量に分泌された場合、脳の海馬を萎縮させることが、近年心的外傷後ストレス障害(PTSD)患者の脳のMRIなどを例として観察されている。海馬は記憶形態に深く関わり、これらの患者の生化学的後遺症のひとつとされている]

心理的ストレスを長期間受け続けるとコルチゾールの分泌により、海馬の神経細胞が破壊され、海馬が萎縮する。心的外傷後ストレス障害(PTSD)・うつ病の患者にはその萎縮が確認される。

以上はハンス・セリエ - Wikipedia  ホームページより

ステロイドの適応症 副作用のない⇒ページ

  この欄(ページの総括まとめ)は…ケイラク研究所 
中医経絡超電療法 主宰講師 澤 征四郎 2011.12.21.
 ストレスと副腎皮質ホルモンと自律神経
自律神経とは全自動の生命維持機構の中枢部(脳下垂体・脳幹)と実行端末部(臓腑・器官・組織など)を相互に結ぶ通信網のこと。(上意下達だけではない)

自律神経は大脳の支配・命令をを受けることが無い神経系とされるが悲喜・好悪の様な感情の影響は多大で近年の学説では、大脳との繋がりも多少認められるようである。

ストレスは大脳・脳下垂体・脳幹など中枢部で捕捉・判定され、適応する生体反応を自律神経系を通じて指令配信し、さらに標的臓器器官や端末からの各種情報を即時的に間断なく交信によって集約し、判定し、指令を発して生命・生理活動を統御・運行しています。

副腎皮質ホルモン(ステロイド)とは
脳下垂体より発生する刺激ホルモンの指令によって制御される副腎で産生されるホルモンで、自律神経と同様の働きをしている…。生命・生理活動に必須。
副腎皮質ホルモンは、副腎皮質内でコレステロールから合成される
副腎皮質ホルモンと同等の効果がある合成薬は、脳腫瘍から皮膚病までさまざまな病気の治療に使用されている

ステロイドの適応症 副作用のない⇒ページ
 まとめ
  • 副交感神経異常亢進が副腎機能の低下を来たし、副腎皮質ホルモン(ステロイド)の分泌不足を招く。…元凶はストレスによる交感神経の異常鎮静、活性の低下である。
  • ストレスとは副腎皮質ホルモンとの関わりが最大である。
  • 副腎皮質ホルモン(ステロイド)は自律神経と連動している
  • 副腎皮質ホルモンの分泌不足や低下は副交感神経の異常亢進による。(経験上の推測では80~90%)。
  • 交感神経の異常亢進時にも同様の副腎皮質ホルモンの分泌低下を招く(経験上の推測では10~20%)。
  • したがって副腎皮質ホルモン分泌の正常化、活性化は自律神経の正常化、活性化と同意義である。
  • ストレスによって疲労困憊の時期に、自在に自律神経を調整することが出来れば、ストレスからの解放…症状の改善、治癒が可能となり加速する。
  • 特に、精神性ストレスの疾患には、副交感神経の異常亢進が多いので井穴通電療法の手の第4指先爪甲根部のツボ(関衝カンショウ)は、最優先・最重要の治療点である。
    
ストレス解消の刺激法

自律神経調整法井穴超電療法
  1. 交感神経異常亢進を抑制して 副交感神経優位する…手の第2指先(商陽ショウヨウ)及び足の第5指先(至陰シイン)。⇒①リンパ球を増多、優位にして制がん免疫力を高める。②リンパ球増多により感冒発熱疾患の劇的解熱恢復など。
  2. 副交感神経異常亢進を抑制して 交感神経を正常化する…手の第4指先(関衝カンショウ)及び足の第4指先(竅陰キョウイン)。⇒①リンパ球を増多、優位にして制がん免疫力を高める。②副腎皮質ホルモン分泌の正常、活発化により、アレルギ―性疾患などステロイド適応疾患の全てに副作用の心配もなく速効が見られる。③うつ病などの精神疾患に最優先の処方通電法 ④原因不明とされる難病のほとんどに著明な効果を示している。
  3. 自律神経・精神・脊椎・精神系疾患…八指通電法
以上、この欄(ページの総括まとめ)は…ケイラク研究所 
ステロイドの適応症 副作用のない⇒ページ

以下は ストレス・ラボ ホーム頁より http://stress-labo.com/mg_kiso06.htm
▼ストレスの基礎知識(6)ストレスは3段階で悪化する

ストレスが悪化すると恐ろしい病気になります。しかし、ストレスを感じたからと言ってすぐに病気になるわけではありません。ストレスの症状には段階があることを知ってください。

ストレスには3段階ある

ストレスを受けても、イライラしているうちにいつの間にかストレスがなくなればいいのですが、ストレス状態が長引くと、心身の調子をいっそう悪くしてしまうことにもなりかねません。

ストレスは警告期→抵抗期→疲憊期(ヒハイキ)へと3段階を経て進んでいきます。

早い段階で心と体の注意信号を読み取り、ストレス対策を立てるようにしましょう。

▽警告期

警告期はほとんどの人は自覚がありません。

まだ、ストレス状態が軽く、あまりストレスを受けているとは考えていない段階です。しかし、精神的には疲れていなくても体のほうは密かに以下のような信号を出しています。

「疲れた」「ちょっと体調が悪い」「血圧が上がったり下がったりする」「イライラしたり肩こりがする」「ミスが多くなったり物忘れが多い」

大部分の人はストレスの自覚がないまま、いつのまにか心の疲れがとれて体の状態も改善されますが、そのまま疲労が蓄積していくと、体調はだんだん悪くなっていきます。

▽抵抗期

抵抗期はストレスに負けまいと無理をします。

ストレスに対して心や体が反発・抵抗する時期です。ストレスを受けていることがわかっているのですが、何とかそれに負けまいとさらに無理をしてしまいます。そのため、疲労感が興奮に変わったり、逆に脱力感に陥ることがあります。この時期は…

「仕事を抱え込んだり、仕事に夢中で休まなくなる」「胃が痛んだり心臓がどきどきする」「血圧が本格的に変調を来し、血糖値も高くなる」

などの症状がでてきます。本人もストレスを受けていることに気がついていますが、病気になるはずはないと思っています。しかし、実際は、いつ本格的な病気になってもおかしくない状態です。

疲憊期ひはいき=疲労困憊

疲れきって本格的な病気に移行します

心も体も燃料がからになったようにふんばりがきかなくなり、自分の力ではどうにもならなくなる時期です。疲れきって本格的に心の病気に移行します。

「集中力がなく、物忘れが非常に激しくなる」「何事にもおっくうで何もする気がしない」「睡眠障害、食欲不振、不安、罪悪感、体重減少などの症状が現れる」「ストレス性の胃潰瘍になったり、心身症で糖尿病、高血圧、狭心症、偏頭痛などの症状が現れる」

などの重い症状が現れ、ひどくなると自殺に追い込まれることもあります。

ストレスによる心と体の状態がここまで悪化すると、もう家族や周囲の力だけではどうすることもできません。専門医による医学的治療が必要です。こうなる前に、少しでも早く危険信号をキャッチするようにしてください

 以上は ストレス・ラボ ホーム頁より http://stress-labo.com/mg_kiso06.htm 

難病とは 難病情報センターのホームページより  参照
 「難病」は、医学的に明確に定義された病気の名称ではありません。いわゆる「不治の病」に対して社会通念として用いられてきた言葉です。そのため、難病であるか否かは、その時代の医療水準や社会事情によって変化します。

 免疫ツボ療法は、副作用が無く、ほぼ万病に有効です。特に、ガン・難病・アレルギー疾患には100%の有効率を示しています。

 だから30日間のレンタル器でのお試しもおすすめしています。在宅長時間療法だからこそ医家の常識を遥かに超える著効が実現しているのです。

 効果は、一度体験すると、その場で実感できる例が、大半です。ツボ図版での習得は一回で十分、電話でもOKです。

 ご本人が、ご来処出来なくても、ご家族が代わりに一回、体験すれば、容易に習得出来ます。…所要時間は、最少2時間です。 
 
 誰にでも便利な小型簡易電器を用いるため、ご来処一回、即日実行可能は、もちろん、このホームページの病名別処方箋をご覧いただける方ならば、器材を通販でレンタルするだけでも、十分な効果を得て頂けるようになっています。



簡便、速効、快適、無害


機器カタログ レンタル・・・


体験教習 予約料金


                   

ストレス学説
とツボ

脳幹と自律神経 
白血球とリンパ球 
リンパ球検査値 
検査リンパ球
調べない大病院
特効ペアツボ

十四経絡…望・
聞・問診と図

豆知識・理論Q&A
 テキスト目録

処方集目録

 講師養成講座
  効果が出にくい場合
…その理由
ステロイド適応 
 
 
 

 





トップ
在宅療法 体験教習処
予約電話  03-3845-0576

担当 澤 征四郎
〒110-0004東京都台東区下谷1-10-9石田ビル3F
所在地
案内図
 ケイラク教室 http://hpcounter.nifty.com/cgi-bin/counter.cgi?f=keirakuclinic&n=2&d=2